インヴァスト証券がトルコリラ円のスプレッドを1.6銭に縮小

このエントリーをはてなブックマークに追加 

インヴァスト証券トライオートFXがトルコリラ円スプレッド縮小キャンペーン中です♪

インヴァスト証券スプレッド縮小

利下げが続くものの相変わらず金利の高いトルコリラ。

各業者によってスワップ金利の金額、スプレッドの狭さは大きく異なります。

トルコリラ円FXでは業者選びも重要です。

そんな中、インヴァスト証券トライオートFXがトルコリラ円スプレッドを大きく縮小してきました。

インヴァスト証券トルコリラ円のスプレッド縮小キャンペーンの概要

キャンペーンの概要です。

  • FX会社名:インヴァスト証券トライオートFX
  • キャンペーン内容:トルコリラスプレッド5.5銭⇒1.6銭に縮小
  • 対象者:口座開設している全ての人
  • キャンペーン期間:2020年1月17日~2月29日

従来の5.5銭から1.6銭へ大きく下げてきました。

インヴァスト証券トルコリラ円のスプレッド縮小キャンペーンの概要公式はこちら

キャンペーンということで、一時的なものなか、ただ、こういったキャンペーンは継続することが多いですから期待ですね。

トルコリラのスペックの高さで人気のみんなのFXやヒロセ通商も1.6銭ですから、これでインヴァスト証券もFX業界トップクラスのスプレッドの狭さになったというわけですね。

また、インヴァスト証券ではトルコリラのスワップの高さも定評があります。

2020年1月時点で10,000リラあたりのスワップ金利は1日40円と他社と引けを取らない高さとなっています。

インヴァスト証券スワップカレンダー2019年1月(引用元:インヴァスト証券スワップカレンダー2020年1月)

キャンペーンの継続や基本スプレッドを狭くする必要がありますが、これで、インヴァスト証券もスプレッドもスワップも業界最高水準となりますね。

まさにトルコリラにおすすめのFX口座となってきていますね。

トルコリラFXスプレッド各社比較

では、改めてトルコリラ円を取扱っているFX口座を比較してみます。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
みんなのFX50円1.6銭1,000
LIGHT FX50円1.6銭1,000
サクソバンク証券46円平均1.9銭5,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
43円5~7銭(変動制)10,000
インヴァスト証券
(トライオート)
40円1.6銭
(キャンペーン中)
1,000
ヒロセ通商41円1.6銭1,000
FXプライム byGMO27円4.8銭(原則固定)
(1,000通貨は手数料30円発生)

1,000
SBI FXトレード33円1.89銭*1
GMOクリック証券
(FXネオ)
54円1.9銭
(原則固定の適用対象外)
10,000
セントラル短資FX10円8銭~18銭10,000
OANDA Japan20円前後12.2銭
(2020年2月トルコリラFX会社比較)
*ただし、取引数量によって変化

スプレッドも狭く、かつ、スワップも高いFX業者で、さらに1,000リラから取引ができるという条件を入れますと

  • インヴァスト証券
  • みんなのFX
  • LIGHTFX
  • ヒロセ通商

この4社が優秀ですね。

インヴァスト証券のスプレッド縮小キャンペーンは一応2月末までとなっていますが、継続を期待したいですね。

スワップ金利40円というのは10,000リラ保有した場合に発生する1日のスワップ金利の金額です。

10,000リラとなりますと、現在のトルコリラの価格が18円とすると約180,000円です。

年間に発生するスワップ金利を計算すると40円×365日=14,600円

年間利回りを計算すると

14,600円÷180,000円=8.1%

高いですが・・・現時点では10%を切っていますね。

過去には利回り20%超と煽っていたところも多かったですが、机上の空論であったことがわかりましたね。

スワップ投資の注意点としては現在の「価格」と「金利」がずっと一定であるということが前提の「利回り」には何の意味もないということです。

価格も金利も大きく変わりますので、その点を踏まえて、現時点が割安であるのかで判断して投資することおすすめします。

トルコリラ円チャートを検証 今後の見通し

トルコリラ円のチャートも見ておきましょう。

トルコリラ円チャート2020年までの10年
(参照元:Invseting.com

長期チャートですが、ずっと下げ続けています。

2018年に15円台を記録してから少し盛り返していますが、いつかの40円台に戻る気配はありませんね・・・。

新興国通貨FXで堅実に稼ぐための戦略を検証(リラ、ペソ、ランド)」でも書いていますが、トルコリラ等の新興国通貨はインフレ率も高いこともあり、ずっと下落トレンドです。

スワップ金利が高くても価格が戻ってこなければ意味がありません。

ですので、私は基本は静観しつつ、大きく下がったときにだけ買うようにしています。

結果論ではありますが2018年の15円台で買っていれば、金利+為替差益で大きな利益を得ることができましたからね。

スワップ投資をするにしてもトルコリラのような下落トレンドが強い通貨は投資のタイミングが重要となりますね。

インヴァスト証券の会社概要

インヴァスト証券バナー

会社名 インヴァスト証券
所在地 東京都港区西新橋一丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル
資本金 100,000,000円 / 12,023,924,861円
代表取締役 川路 猛
設立 昭和35(1960)年8月10日
登録番号 関東財務局長(金商)第26号
公式サイト https://www.invast.jp

インヴァスト証券の今後に期待

以上、インヴァスト証券トライオートFXのトルコリラスプレッドの縮小の件と合わせて、トルコリラ投資への見解についても書かせていただきました。

スプレッドが「5.5銭⇒1.6銭」に縮小されたことで、トルコリラ口座として使うメリットが出てきました。スワップ金利も高いのでおすすめですね。

インヴァスト証券には今後もさらにトルコリラに限らずスペックを上げてFXをしやすくしてくれることを期待します。

インヴァスト証券口座開設はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加 
↑お役に立てましたらシェアお願いいたします。励みになります。<(_ _)>

カテゴリ: FX口座情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*