みんなのFXの評判が高い!スワップとスプレッドが他社を圧倒し始めている件について

このエントリーをはてなブックマークに追加 

最近評判の高いFX業者「みんなのFX

2018年から新興国通貨を中心にどんどんスペックが良くなっています。

各通貨ペアについてスワップ金利をどんどん高めており、スプレッドもどんどん縮小しています。

今回はFX業界で勢いのある「みんなのFX」の魅力を取り上げたいと思います。

みんなのFX主要な通貨ペアのスワップとスプレッドの状況

まずは主要な通貨ペアのスワップとスプレッドです。

みんなのFXスワップ
みんなのFXスワップカレンダーより)

みんなのFXのスプレッド2019年12月
(2019年12月時点:みんなのFXオフィシャルサイトより

スワップを見てみますと、ドル円は52円、南アフリカランドは12円(100,000通貨単位なら120円)、トルコリラは55円、メキシコペソは12円と高水準となっています。

そして、スプレッドも米ドル円0.2銭、ユーロ円0.4銭、豪ドル円0.6銭、南アフリカランド円0.9銭、トルコリラ円1.6銭、とこちらも業界トップクラスの狭さになっています。

以前まで、みんなのFXはそこまでスワップやスプレッドに強みがあった印象ではないのですが、2018年に入ってから、高スワップ競争、低スプレッド競争に参戦してきて、どんどん他社を抜き去っています。

では、みんなのFXで魅力的な通貨ペアを取り上げていきたいと思います。

第1位:トルコリラ 高スワップとスプレッドが安定

みんなのFXは高スワップ金利で話題のトルコリラに強みを持っています。

トルコリラ円FX各社比較です。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
みんなのFX50円1.6銭1,000
LIGHT FX50円1.6銭1,000
サクソバンク証券46円平均1.9銭5,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
43円5~7銭(変動制)10,000
インヴァスト証券
(トライオート)
40円1.6銭
(キャンペーン中)
1,000
ヒロセ通商41円1.6銭1,000
FXプライム byGMO27円4.8銭(原則固定)
(1,000通貨は手数料30円発生)

1,000
SBI FXトレード33円1.89銭*1
GMOクリック証券
(FXネオ)
54円1.9銭
(原則固定の適用対象外)
10,000
セントラル短資FX10円8銭~18銭10,000
OANDA Japan20円前後12.2銭
(2020年2月トルコリラFX会社比較)
*ただし、取引数量によって変化

ここでもスワップ60円前後とトップクラスのスワップ金利を出しています。(政策金利変動の影響もありトルコリラスワップは50円~110円と変動)

また2019年11月時点では55円のスワップを出しており、他社と比較してもかなり高い水準となっています。

スプレッドも1.6銭と、他社と比較してもかなり狭くなっています。

そして、何より、変動時もスプレッドが比較的安定しているのが信頼できます。

私もトルコリラには数年前より投資しており、当時はヒロセ通商を使っていました。

参考:トルコリラFXで堅実にスワップ金利収入を稼ぐ方法を検証しました。

ただ、最近は急落でスプレッドが大きく広がるなど、あまり良い評判ではなくなってきています。

現時点ではありますが、原則スプレッド1.6銭を提供できているみんなのFXがトルコリラ円FXでも有利な状況になっているようですね。

第2位:南アフリカランド円

次におすすめなのが南アフリカランド円(ZAR/JPY)です。

各社比較してみましょう。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
LIGHT FX150円0.9銭1,000
ヒロセ通商150円0.9銭1,000
JFX150円1.0銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
120円0.96銭(変動)100,000
みんなのFX120円0.9銭1,000
SBI FXトレード110円0.99銭*1
GMOクリック証券
(FXネオ)
110円1.0銭 (原則固定)100,000
外為ジャパン110円1.4銭1,000
DMM FX110円1.4銭10,000
外為オンライン80円15銭10,000
セントラル短資FX80円1.9銭10,000
(2020年1月 ZAR/JPY各FX会社比較)
*ただし、取引数量によって変化

*10,000通貨単位より1.99銭~

2019年前半までスワップの高さではSBI FXトレード、ヒロセ通商、くりっく365のGMOクリック証券等が100,000ランドあたり1日150円前後の金利スワップを出しており、高スワップ金利競争を繰り広げていました。

私も南アフリカランドFXにはSBI FXトレードを使っています。

参考:南アフリカランド円FXを2年半続けて感じたリスクとメリットについて

みんなのFXもスワップが高く、南アフリカランド円のスワップも100,000通貨当たり、1日120円前後の金額を出しています。

しかも、一時期は200円出している期間もあり、今後もスワップトップ水準を維持していくことが期待されます。

しかし、最近は減少中で120円となっていますが、それでも高い水準をキープしています。

そして、スプレッドも以前は3.0銭だったのですが、0.9銭に減少。業界トップクラスとなっています。

第3位:メキシコペソ 1000通貨で取引ができる中でトップクラス

続いてみんなのFXが強みを持っているのがメキシコペソ円(MXN/JPY)です。

メキシコペソ円FXを取り扱っているFX業者を比較してみましょう。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
FXプライム byGMO130円0.9銭 (*1)
1,000
ヒロセ通商130円0.3銭1,000
JFX130円0.3銭1,000
セントラル短資FX110円0.2銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
110円平均0.604銭(変動)100,000
みんなのFX100円0.3銭1.000
LIGHT FX100円0.3銭1.000
サクソバンク証券80円平均22銭 変動5,000
マネーパートナーズ70円1.0銭 (*2)1,000
外為オンライン120円6.0銭1,000
アイネット証券100円7.0銭1,000
新生銀行80円1.0銭10,000
SBI FXトレード100円0.70銭1
楽天FX80円0.50銭1,000
(2020年2月メキシコペソ円FX会社比較)
スワップポイントは100,000通貨あたりの金額
(*1) 10,000通貨未満の取引は手数料片道3銭発生
(*2)コアタイム(10:00から28:00)で原則固定

参考:メキシコペソ円FXはスワップ投資としておすすめできるのか?積立投資に最適か?

まだまだメキシコペソ円FXは取扱っている業者が少ないのですが、ここでもみんなのFXが群を抜いています。

スワップの高さではセントラル短資も150円~160円と高くなっており、2番手となっていますが、それでも高い水準をキープしています。

みんなのFXは新興国通貨に強みを持っていますね。

米ドル円もジワジワスペックを上げてきている

新興国に強いみんなのFXですが、最近ではメジャー通貨のドル円(USD/JPY)のスペックも上がってきています。

スプレッドは0.2銭、スワップは70円前後など、他社と比較しても劣らない状態です。

ドル円についても各社比較してみましょう。

FX会社名スプレッドスワップ最低取引通貨単位
みんなのFX0.2銭65円1,000
LIGHT FX0.2銭65円1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
変動57円10,000
SBI FXトレード0.17銭*52円1
マネーパートナーズ0.4銭50円100
GMOクリック証券0.3銭(原則固定)47円10,000
DMM FX0.3銭60円10,000
外為ジャパン0.3銭60円1,000
インヴァスト証券0.3銭40円1,000
外為オンライン1.0銭35円1,000
JFX0.3銭20円1,000
ヒロセ通商0.2銭20円1,000
(ドル円スプレッド各社2020年2月時点)
*ただし、取引数量によって変化、キャンペーン期間中

メジャー通貨のドル円(USD/JPY)ですが、みんなのFXもスプレッドは0.2銭、スワップは60円超になってきており、トップクラスの水準になっていっています。

新興国通貨もメジャー通貨もどちらも強いのはすごいです。

ただ、みんなのFXは1,000通貨単位の取引ですので、ドル円は110円とすると、110,000円ごとの取引になるので、ちょっと個人投資家にとっては厳しいかもしれませんね。

私は1ドルから取引ができるSBI FXトレードを使っています。

ドル円の場合は積立投資形式で200ドルずつといった感じで少額から取引することができており、小刻みなトレードができるので、個人投資家の人で資金力がない人はSBI FXトレードの方が良いと思いますね。

もちろん、資金が潤沢にある場合やハイレバレッジでトレードしたい人はみんなのFXで問題ありません。

参考:米ドル円FX積立投資をはじめてみます。~金利スワップ狙い・外貨積立におすすめ~

豪ドル円、NZドル円は弱いか

どの通貨ペアも強いのですが、オセアニア通貨のスペックはそれほど高くない印象です。

豪ドル円のスワップは約30円、NZドル円も30円となっていますが、スワップの高い業者ではヒロセ通商はだいたい50円前後出していますので、オセアニア通貨に投資をするなら、別の業者を選択したほうがいいでしょう。

スプレッドも豪ドル円で0.6銭、NZドル円で1.0銭となっており、こちらは業界最狭水準となっていますので、スワップ狙いなければ使うのもいいでしょう。(ヒロセ通商は豪ドル円0.7銭、NZドル円1.0銭)

「みんなのFX」はスワップ投資をするなら持っておきたい口座

以上、最近勢いのある「みんなのFX」について評判を検証しました。

とにかく新興国通貨に強いので、FXをするなら、特にスワップ金利目当てで投資をするなら持っておきたい口座ですね。

このスワップの高さがどこまで維持できるかは正直わからないところですが、現状は他社より大分有利な状況で、利回りもかわってきますので、スワップ投資をしたい方はおすすめの口座です。

私も今までは使っていなかったのですが、今後追加で投資するときに取り入れていきたいと思います。

以上、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。投資はくれぐれも自己責任でお願いします。

みんなのFX口座開設はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加 
↑お役に立てましたらシェアお願いいたします。励みになります。<(_ _)>

カテゴリ: FX口座情報

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*