メキシコペソFXスワップ投資を本格始動!高金利と将来性に期待

メキシコペソFXをスワップ金利狙いで本格的に投資を始めてみます。

金利7%でリスクも高いですが、堅実にコツコツ投資する方法を検証・実践していきます。

メキシコペソFX投資の始め方解説イラスト

本記事の内容をサクッと

 

FX歴7年、堅持投資家のかんべえがリスクの高いメキシコペソに投資します。メキシコペソFXスワップ投資の始め方、リスク、実践記録をご紹介。

 

参考にしている各証券会社のレポート

 

ども。投資軍師のかんべえです。

今回はトルコリラや南アフリカランドと並び、スワップ金利の高いメキシコペソ円FX(MXN/JPY)についてです。

2018年にくりっく365に採用されて後、取扱FX業者も増えています。

金利も7%(2020年2月)もあり、スワップ金利狙いで投資家の間でも人気が高まりつつあります。

そして、何よりここ数年の価格の安定性が評判でした。

2018年~2020年では、5円~6円を推移しており、大きな暴落がありません。
(コロナショック以前)

この点、40円~15円に大暴落したトルコリラとは違いますね。

ただ、とはいえ、メキシコペソも金利も高く、リスクはあります。

今回も堅実に、レバレッジを低く、リスクを低くに投資する方法を検証・実践したいと思います。

投資軍師かんべえ
メキシコペソも堅実にリスクを低く抑えて投資してみます!

Sponser Link


メキシコの政策金利はどのくらい高い?

メキシコペソの魅力はやはり金利の高さです。

まず、メキシコの政策金利を見ておきましょう。

メキシコ政策金利推移2020年

メキシコ政策金利2020年2月
政策金利1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
2020年7.257.006.50
2019年8.258.258.258.258.258.258.258.007.757.757.5%7.25%
2018年7.257.507.507.507.507.757.757.757.757.758.008.25

(参考:メキシコ政策金利の推移(外為どっとこむ)

元々、5%前後で推移していた金利ですが、2018年、2019年にかけてどんどん上がっていき、なんと、政策金利は8.25%まで上昇してきました。

2019年末より利下げ傾向があり、7%台となっています。さらに2020年3月は6.5%となっています。

やはり、日本の政策金利が0.1%に比べるとかなり高いです。

トルコ政策金利の12%には及びませんが、高金利政策でおなじみの南アフリカランド6%を上回っており、投資対象としても非常に魅力が高いです。

もちろん、スワップ金利も高く、スワップ投資家からも人気を集めています。

投資軍師かんべえ
世界的に利下げの傾向がありますが、メキシコは7%以上を維持しています。

↑目次へ戻る

政策金利発表スケジュール

ちなみにメキシコの政策金利発表のスケジュールは以下の通りです。

公表日時時間結果予想前回
2020年12月18日04:00
2020年11月13日04:00
2020年09月25日04:00
2020年08月14日04:00
2020年06月26日04:00
2020年05月15日04:00
2020年03月27日04:00
2020年02月14日 (2月)03:007.25%
2019年12月20日 (12月)04:007.25%7.25%7.50%
2019年11月15日 (11月)04:007.50%7.50%7.75%
2019年09月27日 (9月)03:007.75%7.75%8.00%
2019年08月16日 (7月)03:008.00%8.25%8.25%
(2020年2月時点メキシコペソの政策金利スケジュール)

(引用元:メキシコ 政策金利発表 Investing.com

金利変動のタイミングでは価格の変動が起きやすいので注意が必要ですね。

投資軍師かんべえ
金利発表前のトレードには注意

↑目次へ戻る

メキシコペソ円の為替の推移

続いて、メキシコペソ円(MXN/JPY)の為替の推移をみていきましょう。

メキシコペソ円チャート2003年~2020年
(参考:メキシコペソ円チャートInvesting.com

やはり、金利が高い分、リスクも高くなっています。

メキシコペソ円も基本は下落トレンド、時として上昇時はありますが、暴落も多いですね。

新興国通貨FXで堅実に稼ぐための戦略を検証」でも書いていますが、金利の高い国はインフレ率も高く、下落トレンドは避けられません。

また、メキシコペソ円は大暴落も多いですね。

2008年リーマンショック時は12円から6円まで50%以上の暴落があります、

そして、2015年ではメキシコペソ円は8.7円を記録していましたが、一気に暴落し、2016年11月には4.8円まで下がりました。これも下落率50%近い大暴落です。

やはり、リスクの高い通貨ですね・・・。

さらに2020年3月はコロナショックの影響、原油安の影響で、大暴落。史上最安値の4円台を記録しています。(コロナショックでの投資結果を見る

2018年前後は安定していましたが、やはり、動き出すと恐い通貨です。

2020年3月メキシコペソ暴落の理由

野村証券「マーケットアウトルック – メキシコペソ –」によると

  • 減産協定決裂による原油安の影響
  • コロナウイルスの影響による世界的なリスクオフの影響

が最も大きいと考えられています。

原油価格暴落の理由」でも書いていますが、中国の需要減少に伴い、米国・ロシア・サウジアラビアによる減産協定が決裂し、ロシア・サウジがむしろ増産に振り切ったことで、原油価格が急落しているようです。

メキシコペソ円の暴落リスクについて

さて、気になるのが直近の大暴落です。

2015年~メキシコペソ円のチャートを見てみましょう。

メキシコペソ円チャート2016年大暴落
(参考:メキシコペソ円チャートInvesting.com

直近では2015年末に8円から5円に50%近い大暴落をしています。

金利が高いからといって大暴落されてしまっては意味がありません。

直近の大暴落の理由は「原油安」の影響です。

シェールガス革命があった時期です。

メキシコは歳入のおよそ3分の1を石油輸出収入に依存しているため、原油相場
が昨年9月以降に大幅に下落し、今年3月から5月にかけていったんやや回復したものの、7月以降は再び下落傾向を強めて安値の更新が続いていることが、悪材料視されています。

メキシコ・ペソの下落について – 大和証券投資信託委託

つまり、原油価格が上がってくればメキシコペソ円も上昇の可能性は十分にあるということです。

ただ、事実として大暴落しています。

ここ数年は安定していますが、今後も50%を超える暴落リスクはあると考えていた方がいいでしょう。

投資軍師かんべえ
ここ数年安定しているので忘れがちですが、時として大暴落する通貨であることは忘れてはなりません。

↑目次へ戻る

南アフリカランドとメキシコペソを比較

ちなみに南アフリカランド円も同様に2016年に大暴落しました。

南アフリカラン円チャート
(参考:南アフリカランド円チャートInvesting.com)

ランド円の暴落理由も原油価格の下落、中国経済の影響、米国利上げの影響等。

2015年末には10円台から6円台とメキシコペソ円と同様に大暴落しています。

ただし、南アフリカランド円の場合、2018年には9円台にまで回復しています。

暴落前の元値に戻るというのは素晴らしいことです。ずっと塩漬けにしていても、金利+回収ができるというわけですからね。

一方、メキシコペソ円は6円までの回復にとどまっています。原油価格の影響もあると思いますが、この点、結果的にランド円の方が優れていましたね。

トルコリラとメキシコペソを比較

では、トルコリラとの比較ではどうでしょうか。トルコリラ円長期チャート2020年
(参考:トルコリラ円チャートInvesting.com)

こちら2015年以降ずっと下落が続いています。

中東情勢の悪化、米国との関係が悪化したことによるものですが、さすがにこれだけ下がってしまうと、投資は失敗です。

メキシコペソとの比較にはなりませんね。

トルコリラをFXで3年半投資し続けて実感したリスクと本当の利回り」の記事でも書いていますが、表面上の利回りが高くても、価格が暴落してしまったら意味がありません。

また投資のタイミングも大事です。毎月積立投資では勝率が低くなるということは理解しておいた方がいいでしょう。

↑目次へ戻る

メキシコペソに投資する理由 リスクヘッジと将来性に期待

メキシコペソに投資する理由ですが

「リスクヘッジ」と「将来性に期待」

以上の2点です。

リスクヘッジ

私は以前より、メインは米ドル円ですが、トルコリラや南アフリカランドもスワップ金利狙いでFXで投資をしています。

トルコリラも南アフリカランドもスワップ金利が高さが魅力で2014年からコツコツ積立投資を続けています。複利の効果で資産運用していっています。

米ドルも2017年あたりから本格的に投資をしています。

トルコリラや南アフリカランドもやはり急落があります。どれか一つに集中していた場合、痛い目にあう可能性が高いです。

特にトルコリラに集中していた人はここ数年で大きくマイナスとなってしまっているでしょう。

その点からも通貨分散は意味があるとみています。

では、米ドル円、メキシコペソ円、南アフリカランド円、トルコリラ円を並べてみましょう。

ドル、ペソ、リラ、ランド比較検証
(ドル、ペソ、ランド、リラ、比較 2006年~2020年)

基本、ペソ、ランド、リラの新興国通貨は同じような動きをします。

ただし、トルコリラを見てみますと、単独で暴落していっており、リバウンドがありません。

トルコリラが暴落している2018年からの期間、他の通貨は安定、もしくは上昇しています。

この点からもトルコリラのリスクヘッジとしてメキシコペソに投資していることには意味があったと言えます。

また、米ドル円ですが、こちらはやはり堅実です。

ですので私も投資資金の7~8割投じています。

世界の基軸通貨の米ドル円が下がれば、他の通貨も下がってしまうでしょう。

ですので、リスクヘッジとはなりませんが、仮に米ドル円が140円、150円と、歴史的な高騰を見せたとき。

恐らく私はポジションのほとんどを決済してしまうでしょう。

そうすると、さらなる上昇があったときに利益を取ることができません。

ただ、それだけ円安が進んでいるとなると、メキシコペソも大きく上がっていると予想されます。

世界経済が大きく上昇したとき、後追いで、仕込んでおいた新興国通貨の利益が出てくるという嬉しいパターンもあると思いますからね。

その意味でも米ドルだけでなく、他の通貨に投資する意味はあると考えています。

将来性に期待

また、メキシコペソの将来性にも期待しています。

上述の通り、メキシコペソが暴落している理由が主に「原油価格」であるとすると、今後、原油高となれば回復の可能性もあるからです。

シェールガス等により原油価格は下がり気味ですが、世界需要が絶えない資源ですので、いつかまた高騰することがあるかもしれません。

また、米国との関係が改善すれば、さらに続伸が期待できます。
(参考:漸進続くメキシコ経済の内側を探る

一時の8円台、9円台回復もあるかもしれません。

ただ、現状は景気低迷で、治安も悪く、上昇の可能性は低めではありますが、それまではスワップ金利を稼ぎたいと思っています。

↑目次へ戻る

メキシコペソFX堅実投資法 リスクを低くコツコツ投資

では、具体的なメキシコ投資法です。

今回もより堅実にできる限りリスクを抑えて投資したいと思っています。

メキシコペソFX堅実投資法
  • STEP1
    スワップ金利の高いFX口座を用意する
    メキシコペソ円のスワップ金利が安定して高い「みんなのFX」等のFX口座用意します。資金は30万円~50万円からスタート。

    ↓メキシコペソFXスワップ比較をみる

  • STEP2
    レバレッジは2倍以内
    レバレッジは2倍以内に抑えます。暴落して買い増しをしたとき(4円前半)にレバレッジが2倍になるくらいの堅実さで行きます。
  • STEP3
    メキシコペソの価格が下がればレバレッジの範囲内で買いポジションを増やしていく
    1回の取引数量は2000~5000ペソほど。メキシコペソの価格が0.2円下がるたびに買っていくなど、その時の状況応じてトレード。
  • STEP4
    特に暴落があった時には大きく買う
    新興国通貨は時として大暴落があります。ですが、大体そのあとに戻りがありますので、暴落時こそ私は多めに買うようにします。証拠金も増やします。(新興国通貨FX手法)(投資は自己責任)
  • STEP5
    メキシコペソの価格が上がれば、少し決済し、為替差益も得る
    価格上昇してきたら決済もします。ただすべては決済せず、スワップ金利も貯めていき長期保有します。
  • STEP6
    以上を繰り返す
    レバレッジを低くするためコツコツですが、以上のルールを繰り返し、少しずつ着実に資産を増やしていきます。

以上の手法で、レバレッジを低く保ち、投資します。

現状、メキシコペソ円は5円台で安定しており、底値感があります。

ですが、米国との関係がさらに悪化するようなことで、さらなる暴落も考えられます。

ですので、レバレッジは低く、1~2倍以内で運用していきます。

FXレバレッジ解説(初心者向け)

 

  • FXはレバレッジといって、口座に預けた資金の25倍まで取引ができます。
  • 口座に10万円預けたのであれば、25倍の250万円に相当する通貨を買えるというかけです。米ドルなら約20,000ドルほど買うことができます。
  • しかし、そんなにレバレッジを大きくかけてしまうと、すぐにロスカットされてしまいます。
  • 20,000ドルだと、5円下がっただけで、含み損は-100,000円となり、FX口座に預けた資金に達してしまい、強制的に決済(ロスカット退場)となります。
  • もちろん、5円上がれば、一気に100,000円のプラスとなり、資金は倍増するのですが、このような投資ではいつか痛い目にあいます。

私はコツコツ負けない堅実投資を続けています。

すなわち、10万円口座に預けたのであれば、その口座の資金の1~2倍以内のレバレッジの範囲内でメキシコペソに投資します。

メキシコペソを5.5円仮定すると20,000~40,000ペソですね。

とはいえ、一気に買うのではなく、2,000ペソずつくらいから、始めていき、下がったら買い、下がったら買い、スワップ金利を貯めつつ、上がったら大きく売るという投資法でいきます。

特に大きく下がったときに買うようにしています。

資金は30万円~50万円でスタートさせます。

メキシコペソ堅実投資法ポイント まとめ

 

  • レバレッジは1~2倍程度に抑える(口座に10万円預けたのであれば20,000ペソ~40,000ペソほど)
  • メキシコペソの価格が下がればレバレッジの範囲内で買いポジションを少し増やし、スワップ金利を増やす(最初は2,000ペソずつ投資)
  • 特に暴落があった時には大きく買う
  • メキシコペソの価格が上がれば、少し決済し、為替差益も得る
  • 以上を繰り返しながら口座の入金額も余裕資金で増やしつつ基本買いポジションも増やしていく

メキシコペソFX堅実投資法

↑目次へ戻る

暴落時に買えるようにしておくこと 毎月積立投資は禁止

リスクの高い新興国通貨に投資する際に注意すべきは「投資のタイミング」です。

暴落が始まると、場合によっては50%以上の下がることがあります。トルコリラはもっと下がりましたよね。

リスクの高い通貨は基本は下落トレンドです。そして、大暴落もあります。

ですので、金利も一定で価格も一定であると仮定した利回りには何の意味もないことは理解しておく必要があります。

メキシコペソもここ数年は安定していますが、油断しては行けませんよ。

では、そんな新興国通貨に投資して勝つためにはどうすればいいか?

一つに「暴落時こそしっかり買う」です。

メキシコペソ円チャートをもう一度見てみましょう。

メキシコペソ円チャート分析 暴落後に戻りあり

赤丸で印をつけているところが暴落時の底値です。

そして、ほとんどの場合、暴落後に大きな戻しがあります。

つまり、暴落時に買っておくことで、平均取得単価は平均価格以下に抑えることができます。そして、スワップ金利+為替差益を選ら得られます。

まあ、2008年のリーマンショック時の暴落後の戻しは、かなり物足りないものとなっています。ですが、それでも毎月定額積立投資をしている場合より、損失は抑えられるでしょう。

もちろん、暴落して、そのままデフォルト。

なんていう最悪のケースもあり得ます。

ですが、そのリスクは通貨に投資するうえではどうしても拭えないものですので、リスクを覚悟で投資するのみです。

その点では、メインを米ドル投資に充てることが賢明ですね。

投資軍師かんべえ
年に数回あるかないかの大暴落時にしっかりと買えることが重要です。あくまで、過去のチャートからの分析です。

↑目次へ戻る

メキシコペソにおすすめのFX口座は?スワップ金利比較

では、メキシコペソ円FX投資はどのFX口座を使えばいいか?

各FX会社によってスワップの金額、スプレッドの金額、ともに違いますので、口座選定は非常に重要です。

メキシコペソ円FXを取り扱っている主要なFX業者を比較してみましょう。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
FXプライムbyGMO130円⇒50円0.9銭 (*1)
1,000
ヒロセ通商130円⇒60円0.3銭10,000
JFX130円⇒60円0.3銭10,000
セントラル短資110円⇒80円0.2銭1,000
GMOクリック証券
(くりっく365)
110円⇒50円平均0.604銭(変動)100,000
みんなのFX100円⇒50円0.3銭1.000
LIGHT FX100円⇒80円0.3銭1.000
サクソバンク証券80円⇒60円平均22銭 変動5,000
マネーパートナーズ70円⇒30円1.0銭 (*2)1,000
外為オンライン120円6.0銭1,000
アイネット証券100円⇒30円7.0銭1,000
新生銀行80円⇒30円1.0銭10,000
SBI FXトレード100円⇒30円0.70銭1
楽天FX80円⇒30円0.50銭1,000
※コロナショック変動によりスワップポイントが安定していません。
(2020年4月メキシコペソ円FX会社比較)
スワップポイントは100,000通貨あたりの金額
(*1) 10,000通貨未満の取引は手数料片道3銭発生
(*2)コアタイム(10:00から28:00)で原則固定

まず、スワップ金利を見てみましょう。

スワップ金利比較 想定利回り

上記比較表のスワップ金利の金額は100,000ペソあたりの1日に発生する金額です。

比較表を見ますと、スワップ金利の高さでは

  • FXプライムbyGMO:130円⇒50円
  • ヒロセ通商:130円⇒60円
  • JFX:130円⇒60円
  • くりっく365:110円⇒50円
  • セントラル短資FX:110円⇒80円
  • みんなのFX:100円⇒50円
  • LIGHT FX:80円

このあたりがスワップ金利の金額で上位となっています。

100,000ペソで1日に80円のスワップ金利が出るということは…..

年間スワップ金利総額

 

80円×365日=29,200円

 

スワップ金利の金額変動しないと仮定した場合、100,000ペソ(約45万円)1年間、保有し続けると29,200円得ることができます。

メキシコペソが現在、4.5円ほどですので、現時点の利回りの目安を計算すると

メキシコペソ円FXの利回り

 

29,200円÷(4.5円×100,000通貨)=6.3%

 

あくまで現時点の数字ですが、利回り6%もあります。

ただし、この利回りはあくまで参考数値です。金利も価格も変動します。

※コロナショックで大暴落する前は8%ほどありました。

スプレッド比較

続いてスプレッドです。

上位を見てみますと

  • FXプライム byGMO 0.9銭
  • ヒロセ通商 0.3銭
  • セントラル短資FX 0.2銭
  • くりっく365 平均0.604銭(変動)
  • みんなのFX 0.3銭
  • LIGHT FX 0.3銭

スプレッド比較ではセントラル短資が0.2銭と一歩リードしています。

スワップの高かったFXプライムは0.9銭と少し広いです。

そして、ヒロセ通商、みんなのFXあたりは0.3銭と、高スペックを維持しています。

ただ、ヒロセ通商とJFXは大暴落時にスプレッド大幅に拡大したという事件を何度が起こしています。今は落ち着いているようですが、スプレッドの拡大によるロスカットには注意が必要ですね。

最小取引通貨単位を比較

最後に最小取引通貨単位です。

これは1回に取引する最低数量です。

堅実投資をするうえで、重要な項目です。

メキシコペソは1ペソ5円ほどですので、2,000~5,000通貨単位で取引をすることを想定しています。約1~5万円です。

ですので、取引単位は1,000通貨単位の口座を選びます。

  • FXプライム byGMO 1,000※
  • ヒロセ通商 1,000
  • セントラル短資FX 1,000
  • くりっく365 100,000
  • みんなのFX 1,000
  • LIGHT FX 1,000

ほとんどが1,000通貨単位ですが、くりっく365は100,000通貨単位ですので、脱落です。

そして、FXプライムbyGMOなのですが、1,000通貨単位での取引は可能なのですが、この口座は10,000通貨未満の取引をすると、3銭の手数料が取られてしまいます。

FXプライムの手数料
FXプライムbyGMO公式より抜粋)

レバレッジを低く、少額から堅実投資しようと考えている方にはおすすめできませんね。

私も2,000~5,000通貨単位で取引する予定ですので、ちょっと使えません。

1万通貨単位で取引する方は、スワップの高さから選ぶのもありでしょう。

結論 メキシコペソ円FXにおすすめ口座は

以上、「スワップの高さ」「スプレッドの狭さ」「最小取引通貨単位」全てを勘案した結果、おすすめは

  • セントラル短資
  • みんなのFX
  • LIGHT FX

以上の3社に絞られます。

現時点では「セントラル短資」がスワップも高く、スプレッドも狭いので、

ただ、以前はみんなのFXの方が上回っていた時期もあり、このあたりはどちらを選んでも良いと思います。

トレイダーズ証券のみんなのFX、LIGHT FXは米ドル、ランド、リラでもスワップが高いので、他の通貨も取引するならこちらがおすすめですね。

ヒロセ通商、JFXもいいですが、少しスプレッドの拡大が気になりますね。まあ、レバレッジをかけなければ問題ありませんが・・・。

メキシコペソFXにおすすめ口座

 

  • セントラル短資
  • みんなのFX
  • LIGHT FX

FX口座の選び方については「メキシコペソにおすすめのFX会社と選び方【スワップ金利比較】」のも参考に。

投資軍師かんべえ
各社スワップの金額は変動しますので参考程度に。ちなみに私はメキシコペソ取引開始当初にスワップが最も高かったみんなのFXを使っています。

↑目次へ戻る

みんなのFXでメキシコペソを買ってみました。メキシコペソの買い方。

私はみんなのFXでメキシコペソ投資をしています。
みんなのFXはトルコリラや南アフリカランドもスワップが高いのも魅力です。

現在は少し劣っていますが、安定してメキシコペソのスワップの高さを維持しているのも選定理由です。

では、FX初心者の方向けに実際の投資の手順をご紹介します。

メキシコペソの買い方手順を見る
メキシコペソの買い方(FX初心者向け)
  • STEP1
    FX口座を用意する
    上記FXスワップ比較よりメキシコペソFXにおすすめのみんなのFXセントラル短資の口座を用意する。
  • STEP2
    FX口座にログイン
    口座開設が完了したら付与されたIDとパスワードでログインします。

    みんなのFXログイン画面
    みんなのFXログイン画面 ※便宜上PCでの解説です。スマホアプリももちろんあります。)

  • STEP3
    口座に入金する
    次にFX口座に入金します。

    みんなのFX口座入金
    (ログイン後の管理画面)

    入金ボタンをクリックします。

    すると、入金元の金融機関と口座の種類の選択と、金額の入力画面となります。

    みんなのFXダイレクト入金
    (ダイレクト入金)

    ネット対応の銀行であれば即時に入金が可能ですので、おすすめです。

    三菱UFJ銀行みずほ銀行等、大手銀行であれば対応しています。

    私は主に楽天銀行を使っています。

    入金先の口座は「FX口座」を選択し、金額を入力します。

    レバレッジをかけないためにも、口座の資金は多めに入れるのがおすすめです。

    例えば、10万円口座に入金したのであれば、10万円~20万円以内の買いポジションに抑えるようにしましょう。約20,000ペソ~30,000ペソですかね。

    私はまずは、15万円入金して始めていきます。買いポジションも30,000ペソ~50,000ペソ以内に抑えていくつもりです。

    ※その後、資金を30万円にまで増やしています。

  • STEP4
    メキシコペソを買う(注文方法)
    続いて具体的な注文方法です。

    みんなのFX注文方法
    (TOP画面でFX⇒WEBトレーダーを選択)

    TOP画面に戻り、上部メニューの「FX」をクリックし、続いて「WEBトレーダー」を選択します。

    「FXトレーダー」でもいいのですが、「FXトレーダー」はデイトレード用に設計されている感じがしますので、堅実長期トレーダーの人は見やすい方の「WEBトレーダー」で見ていきましょう。

    みんなのFXWebトレーダーTOP画面
    (WEBトレーダーTOP画面)

    上部メニューの新規注文をクリックします。

    初期の状態で「新規注文」になっています。

    そして、下にスクロールすると、注文入力ができます。


    (新規注文入力画面です)

    以下の順に注文入力していきます。

    • 指値・逆指値を選択
    • 通貨ペア:MXN/JPYに選択
    • 数量(lot):0.1lot(1,000ペソ)
    • 有効期限:無期限
    • 売買:買
    • 執行条件:指値
    • 注文価格:現在値より低い値で設定

    以上で完了です。

    特に最初の「指値・逆指値」を選択しておかないと、成行注文になってしまいますので、注意が必要です。

    数量は0.1lot(1,000ペソ)から選択可能です。1,000ペソですと、約5,000円分くらいの注文ボリュームになりますね。

  • STEP5
    注文確認
    みんなのFX注文確認画面
    (注文実行の確認画面)

    注文確認です。

    0.1lotは1,000ペソです。そして、無期限注文にすることでほったらかしで約定を待つことができます。指値の金額も間違いがなければ注文実行ボタンを押します。

    みんなのFXメキシコペソ注文完了!
    (注文成立画面)

    これでメキシコペソ買い指値注文ができました。

    注文を確認すると
    みんなのFXメキシコペソ注文チェック
    (注文確認画面)

    • 指値・逆指値を選択
    • 通貨ペア:MXN/JPYに選択
    • 数量(lot):0.1lot(1,000ペソ)
    • 有効期限:無期限
    • 売買:買
    • 執行条件:指値
    • 注文価格:現在値より低い値で設定

    以上の通りで注文ができています。あとは約定を待つだけです。

  • STEP6
    約定

    数日後、少し円高となり、無事約定しました。

    みんなのFX約定画面
    (約定照会)

    0.1lotですので、1000ペソです。5.76円で約定していますので、5,760円分のメキシコペソを保有していることになります。

    みんなのFX残高照会(メキシコペソ)
    (残高照会画面)

    残高照会です。

    3月7日に約定し、既に5日が経過したときの状態ですが、スワップが3円計上されていますね。元手がすくないので少額ですが、これからコツコツ買いポジションを増やしていき、スワップも増やしたいと思います。

以上が注文方法です。株の注文と同じく簡単にできます。

FX口座であれば少額から簡単にメキシコペソに投資をすることができます。

ちなみにみんなのFXはスワップのみを受け取ることもできるようです。

みんなのFXスワップ金利のみ受け取る
(スワップ受取実行画面)

みんなのFXスワップ引き出しルール
みんなのFXQ&Aより)

みんなのFXは元本を決済しなくても貯まったスワップ金利を引き出すことが可能なんですね。

これは便利ですが、引き出すとスワップ金利に対して税金がかかってきますので、その点は注意が必要ですね。

元本は含み損なのにスワップ金利だけ引き出して税金を払うというのはちょっとそんな気がしますからね。まあ、トータルでみれば一緒なんですけど。

↑目次へ戻る

メキシコペソスワップ投資 現在の損益状況(随時更新)

メキシコペソスワップ投資現在の状況です。
メキシコペソFX残高照会
(2020年4月1日)

7.0lot、すなわち70,000リラほど保有しています。

「暴落時こそ大きく買う」という投資法の元、コロナショックで史上最安値に暴落しているメキシコペソを買っています。

口座情報も公開します。

メキシコペソ口座照会2020年4月1日
(口座情報 2020年4月1日)

投資資金は30万円です。現時点で約35万円分のメキシコペソを保有していますので、レバレッジはまだ2倍以内を維持しています。さらに暴落があればレバレッジ2倍あたりまで買っていこうと思っています。

項目数値・情報
買いポジション70,000ペソ
平均約定価格5.178
現在値4.472
保有通貨ペアmxn/jpy
ポジション損益-49,432円
未実現スワップ2,832円
評価損益-46,600円
FX口座みんなのFX
(メキシコペソスワップ投資損益状況 2020年2月13日時点)

現在の残高照会まとめです。買いのみで決済はありません。

メキシコペソスワップ投資の状況は随時更新していきます。

↑目次へ戻る

コロナショックでの投資

3月9日、コロナショックの影響、原油安の影響もあり、メキシコペソも大暴落しました。

さらに現在も史上最安値の更新が続いています。

メキシコペソ円チャート4月
(メキシコペソ円チャート2020年4月)

遂に暴落が来ましたね。

堅実投資法でも書いていますが「暴落時こそ大きく買う」ということで、4円台でも買っていっています。

約定履歴を見てみましょう。

メキシコペソFX約定履歴2020年3月
(メキシコペソ円FX約定履歴2020年3月)

レバレッジ2倍以内に抑えつつ、4円台で買っていっています。

果たして、戻りはあるのか?また経過はご報告させていただきます。

資金管理には気を付けて、引き続き堅実投資を続けていきます。

↑目次へ戻る

メキシコペソの今後の見通しについて

最後に、メキシコペソ円価格の今後の見通しについて考えていきます。

もう一度、長期チャートを見てみましょう。

メキシコペソ円チャート 今後の見通し(参照元:Investing.com メキシコペソ円チャート

はっきり言って、どう動くを当てることはできません。

ただ、事実として

メキシコペソの今後の見通し

 

  • 長期的には下落トレンドが続く
  • ただし、原油価格が回復すれば上がる可能性が高い

この点は抑えておきたいです。

まず、長期的に見ても下落トレンドは今後も続いて行くでしょう。

やはり、インフレ率も高く、金利の高い通貨の宿命といえます。

ですので、毎月定額積立投資や、ずっと持っていればいつか戻る、といった投資法は良くありません。

現に2015年で8円で買ってしまっていた場合、スワップ金利を加味してもまだまだ塩漬け状態でしょう。

ですので、今後も下落トレンドが続くということは理解しておきたいです。

ただ、原油価格の回復や米国との関係改善等、大きく上昇することもあると考えられます。

とすると、投資のタイミングを間違えなければ、それなりの利回りを得ることは可能だというわけです。

上述していますが、チャートを見る限り。

やはり「暴落した時こそ大きく買う」

これが重要になってくるのではないでしょうか。

コロナショックで現に暴落していますので、買っていますが・・・・。果たしてどうなるか。

非常にリスクの高い状況ですので、初心者の方は手を出さないように。

また、投資はくれぐれも自己責任・自己判断でお願いいたします。

↑目次へ戻る

まとめ

以上、メキシコペソFXをスワップ金利狙いで始めてみましたということで、メキシコペソFXの概要、具体的な投資方法について書きました。

まとめますと

  • メキシコペソはスワップ金利利回り7%前後もあり高い
  • 米国との関係改善があれば今後の成長も期待できるので投資を決断
  • FXであれば1000ペソ(約5000円)からも投資可能
  • FX口座は「LIGHT FX」「セントラル短資」がスワップ金利が高くおすすめ
  • レバレッジを1倍〜2倍程度に抑えてメキシコペソ安になれば買い増して、メキシコペソ高になれば決済するルールを繰り返す
  • 毎日スワップが入金されるようになる
  • 少しずつ買いポジションを増やしていき、雪だるま式に資産を増やしていく
  • レバレッジを1~2倍に抑えれば急落時もロスカットされず、むしろ買いのチャンスとなる
  • 長期的にも暴落時にこそ大きく買えるかがポイント

以上のような感じとなりました。

メキシコペソは米国と隣接していることもあり、トルコリラや南アフリカランドと比べると急騰の可能性も高いかなと思っています。

私も30万円~50万円入金して、2000ペソずつ買っていこうと思います。

FX口座のおすすめは現時点では、スワップ金利も高セントラル短資LIGHT FXです。

私は南アフリカランドやトルコリラのスワップも高いみんなのFXで初めてみます。

また、このあたりの使用感など、気になるところがありましたら、追記させていただいます。

以上、メキシコペソFX投資について書かせていただきました。

やはり、金利が高い分、リスクも高いですので、上級者以外は手を出さないことをおすすめします。

リスクの高い通貨ですので、くれぐれもレバレッジはかけずに、投資は自己責任でお願いいたします。

投資軍師かんべえ
ここ数年は安定していますがやはり暴落リスクの高い通貨です。レバレッジを押さえて慎重に投資していきたいと思います。

関連記事

FX口座情報

動画でも解説しています

↑目次へ戻る

このエントリーをはてなブックマークに追加 
↑お役に立てましたらシェアお願いいたします。励みになります。<(_ _)>

カテゴリ: FXスワップ投資

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*