メキシコペソFXスワップ投資の損益状況(11月17日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 
投資軍師かんべえ
メキシコペソFX投資損益報告です。

 

ここでは私の実践している投資の一つ「メキシコペソスワップ投資」の損益状況を定期的に更新して報告したいと思います。

更新日:2020年11月17日

メキシコペソFXスワップ投資の損益状況

史上最安値の4.3円から底打ちし、5円台に回復、再び下落し、現在は4.8円前後を推移、そして、現在は5.2円近くまで上昇しています。

恐らく次はまた暴落があるのでは?と思いますが、様子見な状態が続いています。

では、

現在の損益状況です。

項目数値・情報
買いポジションMXN/JPY買い:60,000(前回74,000)
平均約定価格MXN/JPY買い:5.212
現在地MXN/JPY:5.156
保有通貨ペアMXN/JPY買い
ポジション損益MXN/JPY買い:-3,352円
未実現スワップMXN/JPY買い:10,148円
評価損益MXN/JPY買い:6,796円
決済損益(直近3ヶ月)10月:506円
9月:2,290円
8月:0円
FX口座みんなのFX 
(2020年11月17日時点)

続いてキャプチャ画像です。

メキシコペソ残高照会2020年11月17日(2020年11月17日)

メキシコペソ円残高照会
(前回はこちら:2020年8月19日)

メキシコペソ円が上昇中です。前回、8月は4.7円ほどでしたが、5.2円近辺まで上昇。

利確しつつも、含み損はかなり減ってきて、スワップとトータルでプラスになっています。

買いどころがないので、ちょっと暇ですが、損益としては順調ですね。

今後の投資方針、見通し

メキシコペソ円どこまであがるのでしょうか。

メキシコペソ円チャート2020年
(参照元:SBI証券メキシコペソ円チャート

コロナ前は6円台近辺でした。そこから、大暴落。史上最安値4.2円台まで下がりましたね。

ですが、現状は5.2円近くまで戻してくれています。やはり、暴落後にしっかり戻りあがあるのは嬉しいですね。

現状のルールとしては「平常時はレバレッジ1倍」「暴落時にこそしっかり買ってレバレッジ2倍」で運用しています。

結果として、4円台でもしっかり買えたことで、トータルプラスになっています。

現状は上昇・安定の時期です。ですので、レバレッジは1倍以下に抑え、次の暴落を待ちます。

やはり、メキシコペソ等のリスクの高い通貨は定期的に暴落がありますので、油断せず、ルール通り堅実投資に努めていきたいと思います。

具体的には5円割れあたりからコツコツ買い始め、4.5円割れてきたら、大きく買っていく予定です。

メキシコペソスワップ投資法とは?(かんべえ流)

私が実践しているメキシコペソスワップ投資法は、スワップ金利の高いメキシコペソに低レバレッジで投資をしていくといった単純な手法です。

ただ、メキシコペソは暴落が定期的に起きます。

ですので、スワップ狙いとは言いつつも、平常時はレバレッジを1倍以下に下げます。

為替が安定しているときにスワップ金利を稼ぎたいところですが、メキシコペソは定期的に暴落が起きます。

しかも、50%の暴落もざらにあります。

その上、暴落後は、暴落前の元値に戻りません。基本は長期下落トレンドになります。

ですので、平常時にレバレッジを上げてしまいますと、暴落時に何もできなくなってしまうわけです。

貯まったスワップ以上の含み損が発生してしまって、塩漬けとなってしまっては意味がありませんからね。

そこで、私が実践している手法は

「平常時はレバレッジ1倍」「暴落時にこそ大きく買ってレバレッジを2倍にする」

といった手法です。

長期チャートをみてもわかる通り、メキシコペソは暴落後に戻りがあります。

暴落時に買って、戻りで売ることで、為替差益+スワップ金利の両得を得ることができるといった考えです。

どこまでこの手法が通じるかわかりませんが、実践していき、経過をご報告させていただきます。

現在の私のルールをまとめておきますと

かんべえ流メキシコペソ投資法

 

  • レバレッジは2倍以内
  • 取引単位は3000ペソ単位ずつ
  • 平常時はレバレッジを1倍以下
  • 暴落時にこそ大きく買ってレバレッジを2倍まで上げる
  • 暴落後の戻りで売ってレバレッジ1倍に下げる
  • 平常時はスワップを得つつ長期保有

という手法です。

現状、うまくいっていると思います。

おすすめのFX口座は?

FX口座は1000ペソ単位で取引ができ、スワップも高い「みんなのFX」を使っています。

ただ、最近では、LIGHT FXセントラル短資もスワップが高くなっていますので、どちらでもありです。

FX口座比較表です。

FX会社名スワップスプレッド最小取引通貨単位
LIGHT FX71円0.3銭1.000
セントラル短資70円0.2銭1,000
FXプライムbyGMO70円0.9銭 (*1)
1,000
ヒロセ通商60円0.3銭10,000
JFX60円0.3銭10,000
みんなのFX60円0.3銭1.000
GMOクリック証券
(くりっく365)
50円平均0.604銭
(変動)
100,000
サクソバンク証券60円平均22銭
(変動)
5,000
マネーパートナーズ30円1.0銭 (*2)1,000
外為オンライン60円6.0銭1,000
アイネット証券30円7.0銭10,000
新生銀行30円1.0銭10,000
SBI FXトレード30円0.70銭1
楽天FX30円0.50銭1,000
※コロナショック変動によりスワップポイントが安定していません。
(2020年11月メキシコペソ円FX会社比較)
スワップポイントは100,000通貨あたりの金額
(*1) 10,000通貨未満の取引は手数料片道3銭発生
(*2)コアタイム(10:00から28:00)で原則固定

メキシコペソFX口座の選び方は「メキシコペソにおすすめのFX会社と選び方」の記事も参考に。

メキシコペソ堅実スワップ投資法について詳しくは「メキシコペソFXスワップ投資を本格始動!下げの影響は?今がチャンスか?」をご覧になってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*